Recreation: Handmade gyoza party

Thank you for watching.

I’m Chen from the 1st unit, and I’m in charge of introducing this event!

I’m here to report on the cooking event that was held at the end of March 2024. The theme of this event was “Making delicious dumplings together.” We made both boiled dumplings and pan-fried dumplings, and enjoyed comparing the taste.

Preparing to make dumplings

First, the participants were divided into two groups. One group made gyoza skins, and the other made gyoza filling. The gyoza skin group kneaded the dough using strong flour and weak flour, let it rest, and then rolled it out into a circle to make gyoza skins. On the other hand, the gyoza filling group mixed minced meat and seasonings to make meat filling, which they then seasoned well.

We decided to use store-bought wrappers for the pan-fried dumplings, and focused on making the boiled dumplings by hand. Once everything was ready, we started to make the boiled and pan-fried dumplings. We boiled the boiled dumplings in a pot and ate them with soup. We steamed the pan-fried dumplings in a frying pan, and finished them off with sesame oil to add flavor.

After cooking was finished, everyone enjoyed the gyoza they had made. Homemade gyoza have a special taste, and making them together as a team made them even more delicious. Through this cooking event, all participants had fun while learning cooking techniques and had a fulfilling time.

Looking back on the cooking party

I would like to report on the overall impressions of the cooking event. This was our first attempt at a cooking event, and although there were many issues, we were able to make it a success. We would like to take everyone’s opinions into consideration and make the next event even better.

First of all, although we were in a hurry due to lack of preparation, we felt that it was a success in the end. Some people also felt that it was fun to work together as a team because there was a lot to do. Many people said that it was great that we were able to keep to the schedule even though it was our first cooking event. Some people also mentioned that they should have communicated each person’s duties more clearly. Others said that they learned how to make boiled dumplings, felt a sense of teamwork by working together, and that the food was delicious as good points. On the other hand, some people pointed out that the start time was later than scheduled and the importance of time management.

Future events mentioned include a mini 4WD tournament, a sports day, athletics, a picnic, and an amusement park. This cooking event was both educational and fun. We appreciate everyone’s cooperation. Let’s make use of the lessons learned from this event to make our next event even more fulfilling. We’re looking forward to our next event. If you have any comments or suggestions, please let us know. Finally, the content of this blog was written using ChatGPT.

That’s all for today’s introduction. Please look forward to our next in-house event introduction!

レクリエーション「手つくり餃子パーティー」

ご覧いただきありがとうございます。

今回のイベント紹介を担当しています。第1ユニットの「チェン」です!

2024年3月末に開催された料理会についてのレポートをお届けします。今回のテーマは「一緒に美味しい餃子を作ること」でした。水餃子と焼き餃子の両方を作り、食べ比べを楽しみました。水餃子のレシピは以下になります。⇒ここで確認

餃子作りの準備

まず、参加者を2組に分けました。一方は餃子の皮を作る組、もう一方は餃子のあんを作る組です。餃子皮組は、強力粉と薄力粉を使って生地をこね、休ませた後に円形にのばして餃子の皮を作りました。一方の餃子あん組は、ひき肉と調味料を混ぜて肉あんを作り、しっかりと味付けをしました。

餃子を作る様子

焼き餃子用の皮は市販のものを使用することにし、手作りの部分は水餃子に集中しました。全ての準備が整ったところで、水餃子と焼き餃子の調理を開始しました。水餃子は鍋で茹で、スープとともにいただきました。焼き餃子はフライパンで蒸し焼きにし、最後にごま油で風味を加えて仕上げました。

作った餃子

調理が終わった後は、皆で出来上がった餃子を美味しくいただきました。手作りの餃子は特別な味わいがあり、チームで協力して作ることで一層美味しく感じました。今回の料理会を通じて、参加者全員が楽しみながら料理の技術を学び、充実した時間を過ごすことができました。

料理会の振り返り

料理会全体の感想について報告します。今回の料理会は初めての試みで、さまざまなことがありましたが、無事に成功させることができました。皆さんのご意見を参考にして、次回のイベントをさらに良いものにしていきたいと思います。

まず、準備不足でバタバタしてしまったものの、最終的には成功したと感じました。また、やることが多かったため、チームで協力することが楽しかったと感じた意見もありました。二つのグループに分けたにもかかわらず、みんなで一緒に作業している一体感があり、とても良かったという声が多くありました。

初めての料理会だったにもかかわらず、スケジュールをギリギリ守ることができた点を良かったと感じる声もありました。各自の任務分担をもっと明確に伝えるべきだという反省点も挙げられました。また、水餃子の作り方について勉強になったこと、みんなで一緒に作業することでチームワークを感じられたこと、そして料理が美味しかったことを良かった点として挙げる意見もありました。一方で、開始時間が予定より遅れたことや時間管理の重要性についても指摘がありました。

今後のイベントとしては、ミニ四駆大会、運動会、アスレチック、ピクニック、遊園地などが挙げられました。今回の料理会は、多くの学びと楽しさがありました。皆さんの協力に感謝します。次回のイベントもさらに充実したものにするために、今回の反省点を活かしていきましょう。次回の企画も楽しみにしています。ご意見や提案があれば、ぜひお知らせください。最後に、このブログの内容は、ChatGPTを使用して書いたものです。

今回の紹介は以上になります。次回の社内イベント紹介もお楽しみに!

Google Maps Platformで地図を出してみた

技術者ブログと題して社員が日ごろ取り組んでいる学習内容を紹介します。
今回はWEBデザインをテーマにしている第0ユニットです。
本記事ではGoogle Maps Platformを使ってみたので紹介していきます。

Google Maps Platformとは

Google Maps Platformを使用することで、Google Mapの機能をウェブサイトやアプリに埋め込むことができます。
Google Maps Platformの詳細は公式ページで紹介されています。
https://mapsplatform.google.com

事前準備

Google Maps Platformを使うためには事前に、Googleアカウントを作成し支払いの設定をしておく必要があります。
支払いの設定はGoogle Cloudから設定することができます。
https://cloud.google.com/

APIキー取得

Google Maps APIを使用するには、APIキーを取得を取得しておく必要があります。
APIキーの取得は「有効なAPIとサービス」から行います。

「Maps JavaScript API」を選択します。

「鍵と認証情報」APIキーからAPIキーを取得することができます。

MAPの表示

地図の表示

APIは「Dynamic Library Import」、「NPM js-api-loader パッケージ」の方法で利用することができます。
利用方法の詳細は公式のガイド参照してください
Maps JavaScript API を読み込む


下記は地図を出すサンプルソースです。

<!DOCTYPE html>
<!--
 @license
 Copyright 2019 Google LLC. All Rights Reserved.
 SPDX-License-Identifier: Apache-2.0
-->
<html>
  <head>
    <title>Add Map</title>

    <link rel="stylesheet" type="text/css" href="./style.css" />
    http://js/map.js
  </head>
  <body>
    <h3>My Google Maps Demo</h3>
    <!--The div element for the map -->
    <div id="map"></div>

    <!-- prettier-ignore -->
    <script>(g=>{var h,a,k,p="The Google Maps JavaScript API",c="google",l="importLibrary",q="__ib__",m=document,b=window;b=b[c]||(b[c]={});var d=b.maps||(b.maps={}),r=new Set,e=new URLSearchParams,u=()=>h||(h=new Promise(async(f,n)=>{await (a=m.createElement("script"));e.set("libraries",[...r]+"");for(k in g)e.set(k.replace(/[A-Z]/g,t=>"_"+t[0].toLowerCase()),g[k]);e.set("callback",c+".maps."+q);a.src=`https://maps.${c}apis.com/maps/api/js?`+e;d[q]=f;a.onerror=()=>h=n(Error(p+" could not load."));a.nonce=m.querySelector("script[nonce]")?.nonce||"";m.head.append(a)}));d[l]?console.warn(p+" only loads once. Ignoring:",g):d[l]=(f,...n)=>r.add(f)&&u().then(()=>d[l](f,...n))})
        ({key: "{APIキー}", v: "beta"});</script>
        
    <script>
      // Initialize and add the map
      let map;
      
      async function initMap() {
      
          // Request needed libraries.
          //@ts-ignore
          const { Map } = await google.maps.importLibrary("maps");
          const { AdvancedMarkerElement } = await google.maps.importLibrary("marker")
      
      
          // 地図の初期設定
          map = new Map(document.getElementById("map"), {
              zoom: 18,
              center: position1,
              mapId: "DEMO_MAP_ID",
          });
      
          // ピンの地点を設定
          const position1 = { lat: 35.165455654239224, lng: 136.90517107048055 };
          const position2 = { lat: 35.16480168326663, lng: 136.90544465580453 };

          // 地図にピンを設定する
          const marker = new AdvancedMarkerElement({
              map: map,
              position: position1,
              title: "ナディアパーク",
          });
      
          const marker2 = new AdvancedMarkerElement({
              map: map,
              position: position2,
              title: "矢場公園",
          });
      }

      initMap();
    </script>
  </body>
</html>

地図のAPIは下記の部分で読み込んでいます。
サンプルでは「Dynamic Library Import」でAPIを読み込んでいます。

script>(g=>{var h,a,k,p="The Google Maps JavaScript API",c="google",l="importLibrary",q="__ib__",m=document,b=window;b=b[c]||(b[c]={});var d=b.maps||(b.maps={}),r=new Set,e=new URLSearchParams,u=()=>h||(h=new Promise(async(f,n)=>{await (a=m.createElement("script"));e.set("libraries",[...r]+"");for(k in g)e.set(k.replace(/[A-Z]/g,t=>"_"+t[0].toLowerCase()),g[k]);e.set("callback",c+".maps."+q);a.src=`https://maps.${c}apis.com/maps/api/js?`+e;d[q]=f;a.onerror=()=>h=n(Error(p+" could not load."));a.nonce=m.querySelector("script[nonce]")?.nonce||"";m.head.append(a)}));d[l]?console.warn(p+" only loads once. Ignoring:",g):d[l]=(f,...n)=>r.add(f)&&u().then(()=>d[l](f,...n))}) ({key: "{APIキー}", v: "beta"});</script>

地図の表示は下記の部分で表示を行っています

      // GoogleMapの読み込み
         const { Map } = await google.maps.importLibrary("maps");
          const { AdvancedMarkerElement } = await google.maps.importLibrary("marker")
      
      
          // 地図の初期設定
          map = new Map(document.getElementById("map"), {
              zoom: 18,
              center: position1,
              mapId: "DEMO_MAP_ID",
          });

また、下記のようにピンを複数設定することで、地図に複数のピンを立てることもできます。

// ピンの地点を設定
          const position1 = { lat: 35.165455654239224, lng: 136.90517107048055 };
          const position2 = { lat: 35.16480168326663, lng: 136.90544465580453 };

          // 地図にピンを設定する
          const marker = new AdvancedMarkerElement({
              map: map,
              position: position1,
              title: "ナディアパーク",
          });
      
          const marker2 = new AdvancedMarkerElement({
              map: map,
              position: position2,
              title: "矢場公園",
          });

今回はGoogle Maps Platformを使って地図を表示したり、
地図にピンを立てる方法をまとめました。

次回の第0ユニットの技術者ブログもお楽しみに!

Employee Introduction

My name is 237 and I joined the company in December 2023 as a mid-career hire.
This time, I would like to introduce a little about myself, what led me to join the company, and my impressions afterwards!

Reason for joining the company

After graduating from school, I worked as a sales clerk for a company that manufactures precision parts for automobile parts and home appliances.
During that time, I want to go out more and talk to more people! This feeling became stronger, and I decided to change jobs to sales because I wanted to try my hand at IT, which I had always been interested in.
I chose Dandelions because I was attracted to its personnel evaluation system and the ability to communicate with employees a lot.
After that, I applied to Dandelions and am currently working as a sales representative in the business management department.

Impressions after joining the company

Since joining the company, I have had many new discoveries and experiences.
I started traveling around the office in sales and had meetings with salespeople from various companies to discuss work and meet salespeople I had in common with, so it was a bit of a test of energy, but it was very rewarding. I am enjoying my work.
In addition, the company environment is very interesting, and one of the characteristics of Dandelions is that about 40% of the employees are foreign nationals, and I enjoy every day being able to learn about the cultures and ways of thinking of different countries.

About my hobbies

I am working hard to “Oshikatsu” in my daily life.
Through Oshikatsu, I go to Tokyo and Osaka for live performances and performances, and go to cafes with friends I’ve made through Oshikatsu.
In Tokyo, you can find Korean gourmet food in Shin-Okubo, stylish cafes in Omotesando, and in Osaka, try takoyaki and kushikatsu in Dotonbori! ! I eat a lot of different things, so when I got home and stepped on the scale, I cried when I realized that I had gained weight.

I increase my motivation for work through pushing activities.

Why not try Oshikatsu to relieve stress or spend some meaningful time at a cafe?

Please enjoy the next employee introduction♬

社員紹介

閲覧いただきありがとうございます。

中途採用で2023年12月に入社いたしました「237」です。

今回は入社のきっかけやその後の感想、私自身について少し紹介したいと思います!

入社のきっかけ

学校を卒業後は自動車部品や家電機器の精密部品を製造する会社の営業事務として働いていました。

その中で、もっと外に出ていろいろな人とお話がしたい!という思いが強くなり、もともと興味があったITとやってみたいという思いで営業職に転職することを決めました。

ダンデライオンズを選んだ理由としては、人事評価システムと社員の方々とたくさんコミュニケーションをとることができるという部分に魅力を感じたからです。

その後ダンデライオンズへ応募し、現在は業務管理部の営業担当として業務に携わっております。

入社後の感想

入社してからは新しい発見や経験をたくさんすることができました。

営業で外回りをするようになり様々な会社さんの営業さんとお打合せをしてお仕事について相談をしたり、共通の営業さんにお会いしたりすることができ、気力勝負な部分もありますがとても楽しくお仕事ができています。

また社内環境がとてもおもしろく、ダンデライオンズの特徴として社員全体の約4割ほどが外国籍の方が在籍しており、各国の文化や考え方について知ることができ毎日が楽しいです。

趣味について

私は日々の生活を「推し活」に励んでおります。

推し活ではライブや舞台で東京や大阪へ足を運んだり、推しを通して繋がったお友達と一緒にカフェへ行ったりしています。

東京では新大久保の韓国グルメや表参道のお洒落なカフェ、大阪では道頓堀のたこ焼きや串カツなどなど!!いろいろなものを食べるので家に帰って体重計に乗ってみら体重が増えてた、、なんてことも泣

私は推し活を通して、仕事に対するモチベーションを上げています

皆様もぜひ推し活でストレス発散やカフェで有意義な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

次回の社員紹介もお楽しみください♬

Internship experience story from February 2024 ①

*We had an internship at our company in February and 4 Japanese students and 2 international students participated. In this article we will present the experiences of the participants.

American student (male)

My name is Joseph and I am an intern for February 2024. I would like to share my thoughts on my experience participating in a five-day internship at Dandelions. I would like to present in detail what I was able to achieve during this internship, the challenges I overcame, what I learned and what I can apply in the future.

First of all, I would like to present to you what I experienced during this internship. First, we created line buffers in four languages using AI. We also purchased products for a project called LUCKYBOX. After that, I had the opportunity to test the system and learn about professional etiquette and the correct way to exchange business cards. Finally, I also had the opportunity to gain experience in web design.

Next, I would like to introduce the challenges we overcame. I faced some challenges during this internship. For example, when choosing products for LUCKYBOX, we had to pay special attention to expiration dates and types of food because we were dealing with food products. After carefully considering each precaution, we were able to purchase a variety of sweets with no expiration dates. Also, I had some trouble operating the system when I was testing it for the first time, but following the guidance of my seniors, I was eventually able to test the system on three different browsers.

Then, I will share with you what I learned. What impresses me the most is how many different types of work are done in the same company. For example, I found it surprising and very interesting that system testing, line stamp creation, overseas sales, website design, etc. are all done by the same company. Another important lesson was the importance of business etiquette. As an American, I found Japanese business etiquette to be very unique and interesting, and it made me think about how it differs from business etiquette in America.

Chinese student (male)

I recently participated in an internship with Dandelions Co., Ltd. In this internship, I wanted to work hard with everyone to experience IT-related content and the atmosphere of the workplace, but I met people from other countries and it was a fun experience. .
On the first day, we first listened to an explanation of the content of AI generation. After that, you will experience generating phrases and images using AI. After exchanging opinions with everyone, we were able to decide on a stamp that was appropriate for the phrase. In the afternoon, I created a self-introduction using a mind map. I learned to think from keywords to concrete examples.

On the second day, we sampled the sweets we bought on the first day and made a block of impressions. I was worried about how to convey the characteristics of the sweets to people overseas. I participated in a test experience in the afternoon. I checked the data in different browsers and saved the original website photo as evidence. Although it was time consuming, I realized the importance of testing in order to ensure that the system operates according to specifications.

On the third day, we practiced exchanging business cards in 1-on-1 and 1-on-2 patterns. In the afternoon, I experienced web site design. We collected information while imagining the person on the persona sheet provided. We carefully selected the content to convey the appeal of the Tokai region to overseas visitors who are unfamiliar with it. In the end, a majority vote decided on the format of some of the designs. During this time, I realized the importance of communication.

Although it was a short time, I think it was a really good experience to be able to participate in the internship. Thank you for allowing me to learn about IT-related content and Japanese companies.

Japanese (female)

I participated in an internship in February 2024.

On the first day, we created LINE stamps, on the second day we experienced product testing, on the third day we exchanged business cards and created a website, on the fourth day we prepared a presentation, and on the fifth day we actually appeared in front of the employees. I gave a presentation.

When creating LINE stamps, I experienced using AI and was overwhelmed by the speed at which images and text were generated, but I was even more happy when the stamps were actually published on LINE.

During the business card exchange, on the first day, participants created a self-introduction using a mind map and created a business card with their self-introduction. I was reminded that by exchanging business cards and using the company’s name, I was working on behalf of the company.

When creating LINE stamps, I experienced using AI and was overwhelmed by the speed at which images and text were generated, but I was even more happy when the stamps were actually published on LINE.

During the business card exchange, on the first day, participants created a self-introduction using a mind map and created a business card with their self-introduction. I was reminded that by exchanging business cards and using the company’s name, I was working on behalf of the company.

2024年2月インターンシップ体験談①

※2月に当社でインターンシップを行い、日本人学生の方4名、外国人留学生の方2名の方に参加していただきました。当記事では、参加者の方の体験談を紹介していきます。

アメリカ人留学生(男性)

2024年2月のインターン生、ジョセフと申します。ダンデライオンズにおける五日間のインターンシップに参加させていただいた経験につきまして、感想を申し上げたいと思います。このインターンシップで私が、できたこと、乗り越えた課題、学び取ったこと、そして将来に活かせることについて、詳しくご紹介させていただきます。

まず、このインターンシップで経験させていただいたことをご紹介させていただきます。最初に、AIを活用して4言語のラインスタンプを作成させていただきました。また、LUCKYBOXというプロジェクトのための商品の購入も行わせていただきました。その後、システムテストに関する体験もさせていただき、ビジネスマナーと名刺交換の正しい方法について学ばせていただきました。最後には、ウェブサイトのデザインに関する体験もさせていただきました。

次に、乗り越えた課題について紹介いたします。このインターンシップでは、いくつかの困難に直面しました。例えば、LUCKYBOXの商品を選ぶ際、特に食品を扱うことになったため、賞味期限や食品の種類に特に注意しなければなりませんでした。各注意点を慎重に検討した結果、賞味期限の問題ない様々なお菓子を購入することができました。また、初めて使用するシステムをテストする際は操作に苦労しましたが、先輩の指導に従い、最終的には3つの異なるブラウザでシステムテストを実施することができました。

それから、学び取ったことをご紹介いたします。最も印象に残っているのは、同じ会社で様々な種類の作業が行われていることです。例えば、システムテスト、ラインスタンプの作成、海外向けの販売、ウェブサイトのデザインなど、これらがすべて同じ会社で行われていることは意外で非常に興味深いと感じました。また、ビジネスマナーの重要性も大きな教訓でした。アメリカ人の私にとっては、日本のビジネスマナーは非常に独特で興味深い習慣に感じられ、アメリカでのビジネスマナーとの違いについて考えさせられました。

中国人留学生(男性)

この度、株式会社ダンデライオンズのインターンシップに参加させていただきました。今回のインターンシップで私は「IT関連の内容と現場の雰囲気を体験したい」という目的で皆さんと一緒に頑張っていこうと思いましたが、他の国の人と出会って、楽しい経験になりました。
一日目は、まずAI生成の内容の説明を聞きました。その後、AIでフレーズと画像の生成を体験があります。皆と意見を交換し、フレーズに相応しいスタンプを決めることができました。午後からマインドマップを使って自己紹介を作ってみました。キーワードから具体的な事例に考えることを学びました。

二日目は、初日に購入したお菓子試食し、感想のブロックを作りました。どうやってお菓子の特徴を海外の方々に伝えるかを悩みました。午後からテスト体験に参加しました。異なるブラウザで、データをチェックし、もととなるウェブサイトの写真をエビデンスとして保存する作業をしました。手数がかかりましたが、システムが仕様通りに動かすためには、テストの重要性を感じました。

三日目は、名刺交換の練習は、1対1と1対2のパターンをやりました。午後からウェブザイトデザインを体験しました。提供したペルソナシートの内の人物像を想像しながら情報を取集しました。東海地方を知らない海外方に魅力に伝えるのかを内容の選択を工夫しました。最後は、多数決で決まり一部のデザインのフォーマットを決まりました。その中で、コミュニケーションの大切さを感じました。

短い時間ですが、インターンシップに参加できて本当にいい体験だったと思います。IT関連の内容と日本の会社を知ることができて、ありがとうございました。

日本人(女性)

2024年2月のインターンシップに参加させていただきました。

1日目にLINEスタンプ作成、2日目には製品テスト体験、3日目に名刺交換とウェブサイト作成、4日目はプレゼン準備をして、5日目には実際社員の皆さんの前でプレゼンをしました。

LINEスタンプ作成はAIの利用体験をし、画像や文章の生成スピードに圧倒されましたが、スタンプという成果物が実際にLINE上に公開されると嬉しさもひとしおでした。

名刺交換では、1日目にマインドマップを使用して自己紹介文を作成し、自己紹介の入った名刺を作っていただきました。名刺を交換して、会社の名前を名乗るということは、会社を代表して仕事をするということなのだと気を引き締まる思いでした。

LINEスタンプ作成はAIの利用体験をし、画像や文章の生成スピードに圧倒されましたが、スタンプという成果物が実際にLINE上に公開されると嬉しさもひとしおでした。

名刺交換では、1日目にマインドマップを使用して自己紹介文を作成し、自己紹介の入った名刺を作っていただきました。名刺を交換して、会社の名前を名乗るということは、会社を代表して仕事をするということなのだと気を引き締まる思いでした。

技術者ブログ – 社内サーバファイルの自動バックアップ

技術者ブログとして日ごろ取り組んでいる学習内容をご紹介します。

今回はインフラをテーマにしている第3ユニットです。

今回は、社内サーバのファイルを自動でバックアップする方法となります。

普通にバックアップするならば、外付けのディスクに毎日ファイルをコピーすればよいのですが、 ランサムウェア対策として、2つの外付けディスクに交互にバックアップすることにしました。

最初は、外付けディスクを毎日手作業で、サーバにつないでバックアップしていたのですが、 なんとか自動化できないかと考え、パワーシェルによるスクリプトにして、 毎日スケジュール実行することができるようになりました。

事前作業

あらかじめ2つのディスクを接続し、UドライブとWドライブの名前にしておきますが、 認識できないように、ドライブは無効としておきます。

Uドライブのみドライブ設定している
Wドライブは認識していない

バックアップするドライブを切り替えるパワーシェル抜粋

以下のようなパワーシェルを用意し、ドライブを切り替えファイルをバックアップします。

###########################################################################################
# 定数宣言
###########################################################################################
$DiskNumber_U = 9   #バックアップ先のディスク番号1(Uドライブ)
$DiskNumber_W = 10  #バックアップ先のディスク番号2(Wドライブ)
$DriveNumber_U = 2  #バックアップ先のパーティション番号1(Uドライブ)
$DriveNumber_W = 2  #バックアップ先のパーティション番号2(Wドライブ)
$CopyPath_U = "U:\" # バックアップ先のパス文字(U)
$CopyPath_W = "W:\" # バックアップ先のパス文字(W)

###########################################################################################
# バックアップするドライブを切り替える
#   Uドライブ、Wドライブ
###########################################################################################
    if ( (Get-Partition -DiskNumber $DiskNumber_U -PartitionNumber $DriveNumber_U).DriveLetter -eq "U" )
    {
        # Uドライブを未設定、Wドライブを設定に変更
        Set-Partition -DiskNumber $DiskNumber_U -PartitionNumber $DriveNumber_U -IsHidden $True
        Set-Partition -DiskNumber $DiskNumber_W -PartitionNumber $DriveNumber_W -IsHidden $False
    } else {
        # Uドライブを設定、Wドライブを未設定に変更
        Set-Partition -DiskNumber $DiskNumber_U -PartitionNumber $DriveNumber_U -IsHidden $False
        Set-Partition -DiskNumber $DiskNumber_W -PartitionNumber $DriveNumber_W -IsHidden $True
    }

###########################################################################################
# バックアップ先のドライブのフォルダをすべて削除
###########################################################################################
try {
    Get-ChildItem -Path $CopyPath_U | Remove-Item -Recurse
}Catch{
    Get-ChildItem -Path $CopyPath_W | Remove-Item -Recurse
}

###########################################################################################
# ファイルコピー
###########################################################################################
    try {
        Copy-Item $ExportPath $CopyPath_U -Force -Recurse
    }Catch{
        Copy-Item $ExportPath $CopyPath_W -Force -Recurse
    }

以上となります。

次回の技術者ブログをお楽しみに。

Employee introduction

I’m Omatsu, a member of the Business Management Department.
I would like to talk about why I joined Dandelions and my impressions after joining.

Career bakcground

I joined the company in November last year as a mid-career hire.
Previously, I worked for seven years as a sales clerk at a trading company that handled auto parts.

Reason for joining the company

I was planning to continue working at my previous job, but due to the effects of the coronavirus, my work style changed, and I became interested in the IT industry, which led me to change jobs.
There were many IT companies out there, but I applied to Dandelions because I was attracted to their evaluation system, which is posted on their website, and the atmosphere of the company. During the interview, I learned about the atmosphere of the company and felt more motivated to work there, which made my intention to join the company even stronger.

Impressions after joining the company

After actually joining the company, I feel that the work content and working style are new.
Thanks to the rough dialogue and communication, I am able to work in a safe and comfortable environment.
During work, I have quiet time, which makes it easier to concentrate and work. There are many new discoveries to be made in a global environment, and it’s really fun when it comes to communicating. I can learn about different ways of thinking and cultures through casual conversations, and I can also naturally remember the meanings of English words, so I feel that it’s not just a work environment, but a learning environment.

This is a photo of the brightly colored Jinmeji Kannon on a sunny day.

Self-introduction

I am from Ama City, Aichi Prefecture.
The city was created 14 years ago by the merger of Jinmeji Town, Shippo Town, and Miwa Town. It’s not too rural, but it’s a place that is characterized by the fact that there isn’t anything that stands out. Sometimes it feels inconvenient, but I like that little bit of inconvenience! If I had to introduce it to you, it would be Jinmeji Kannon. During the New Year’s visit and Setsubun seasons, the area is crowded with people from the nearest station, Jinmeji Station. When I was in elementary school, I was able to leave school before the crowds on Setsubun Day, so I looked forward to going out with my friends.

It takes about 20 to 30 minutes from Nagoya Station, so if you have time, be sure to visit.
If there are no events going on, you can take your time and look around.
Personally, I would like you to visit during the lively times of New Year’s visit and Setsubun.

Last words

It’s been about half a year since I joined the company, but there are still many things I’m not used to and my days are exhausting. However, I am able to feel that it is more rewarding. There are many opportunities to interact with members who work at customer sites, and we have created an environment where you can quickly become familiar. Therefore, when I actually joined the company, I realized that it is a company that is very employee-friendly!

That’s all for now.
Look forward to the next employee introduction!

社員紹介

ご覧いただき、ありがとうございます。
今回社員紹介の記事を担当します、業務管理部所属の「おまつ」です。
ダンデライオンズに入社したきっかけ・入社した感想についてお話します。

経歴

中途採用で昨年11月に入社いたしました。
以前は自動車部品を扱う商社で、営業事務として7年間働いていました。

入社のきっかけ

前職を続けるつもりで働いていましたが、コロナウイルスの影響で働き方が変わり、IT業界に興味を持つようになったことが転職のきっかけです。
たくさんのIT企業がありましたが、その中でもダンデライオンズのホームページにも掲載されている評価システムに魅力を感じたこと、会社の雰囲気に惹かれて、応募しました。面接の際にも、会社の雰囲気を聞き、働きたい意欲が高まったことで、入社したいという意思がより強くなりました。

入社してみての感想

実際に入社してみて、業務内容や働き方に新しさを感じています。
ラフな声掛けやコミュニケーションのおかげで、安心して居心地よく、仕事ができています。
仕事中は静かな時間で集中しやすく、仕事がしやすいです。グローバルな環境は新しい発見が多く、コミュニケーションをとるような場面ではとても楽しいです。ふとした会話の中から違う考え方や文化を知ることができ、英単語の意味も自然と覚えることもできるため、仕事だけでなく学びの多い環境だと感じています。

晴れた日の色鮮やかな甚目寺観音の写真です

自己PR

私は愛知県あま市出身です。
14年前に、甚目寺町・七宝町・美和町が合併してできた市です。田舎すぎない、でも目立つものは何もないことが特徴といえるような場所です。不便と感じることもありますが、その少しの不便さが私は好きです!あえてご紹介するのであれば甚目寺観音です。初詣の時期や節分の時期は最寄駅の甚目寺駅からたくさんの人で賑わいます。小学生の時、節分の日は混み合う前に下校することができたので、友達と遊びに行くことを楽しみにしていました。


名古屋駅から20~30分ほどで行くことができるので、お時間があればぜひ訪れてみてください。
行事がないときであればゆっくり見て回ることができます。
個人的には初詣や節分のタイミングの賑やかな時に訪れていただきたいです。

まとめ

入社して約半年が経ちましたが、まだまだ慣れないことが多く疲れ果てる毎日です。しかし、その分やりがいを感じることができています。お客様先で仕事をしているメンバーとも交流する機会がたくさんあり、ダンデライオンズに早く馴染めるような環境が準備されています。そのため、実際に入社してみて社員にやさしい会社だとわかりました!

今回は以上となります。
次回の社員紹介もお楽しみに!