社員紹介(28)

閲覧いただきありがとうございます。
今回の社員紹介記事を担当する管理部門の「りん」です。

経歴

中途採用で7月に入社しました。
事務要員として働き、社会人生活15年くらいになります。

業務内容

主に総務・経理を担当しています。
毎日業務に追われ、あたふたしながらも奮闘中です。

趣味

質問されて一番返答に困ってしまう「趣味」。。
趣味=好きなこととして考えると、寝るのが大好きです。
休みの日はゆっくり起きて、昼寝も4時間くらいして、夜も寝て、起きている時間の方が短いくらい、ひたすら寝ています。寝過ぎはよくないと言いますが、なかなか止められません。
特にゴロゴロしながらする昼寝がたまらなく幸せです。

他に好きなことは唯一得意な卓球です。
運動は苦手ですが、学生時代は卓球部に所属していました。
ボールをどこに返すか、どう打つか、瞬時に判断しなければいけないので見た目以上にハードなスポーツです。
コロナ禍で難しいところですが、そろそろ卓球をしてストレス発散させたいですね。

この写真は和歌山のウユニ塩湖と称される天神崎です。
地面がキラキラしていてとても綺麗でした。
到着したときにはすでに日の入りが始まっていて
駐車場からこの場所まで850mほどあり、さらに平たんな道ではなく上り下りがある道を全力で走り、筋肉痛になったことも含めてよい思い出です。
よく走れたなと我ながら感心です。。。

次回の社員紹介もお楽しみに!!

社員紹介(27)

初めまして、4月にダンデライオンズに入社した「オセドゥム」です。ナイジェリア出身です。

経歴

ナイジェリアではイギリス英語を話していますので、一番得意な事は英語で話をする事です。

国で学校卒業してから日本に留学しました。
日本に来てからは名古屋国際日本語学校で日本の文化と日本語を学びました。卒業したあとに名古屋デザイン&テクノロジーの専門学校に入学してプログラムを学びました。
今年の3月で卒業して、現在はダンデライオンズに入社しました。

現在の活動

入社したばかりのため、3ヶ月研修しました。研修ではビジネスマナーなどのソフトスキル、ウェブデザインと、Javaを始めとしたさまざまなプログラミング言語の基本を学びました。
研修の最後には身につけたスキルを活かし、CRUD管理用のウェブアプリケーションを作成しました。

現在は第2ユニットに入り、outsystems のローコード プラットフォームを使用して、モバイル アプリ、ウェブ アプリケーションを開発しています。 データ モデル、ワークフロー、ロジック、ユーザー インターフェイスとインタラクションを構築し、カスタム コードを追加することもできるoutsystems を調べながら日々勉強しています。

OutSystemの作成した一覧画面です。

趣味

主な趣味はサッカーと壊れているものを修理やプログラミングを勉強することです。
毎週日曜日に友達と庄内公園でサッカーをやっています。土曜日にも鶴舞公園で時々サッカーをしています。サッカーをすることは本当に面白いです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_5252.png
鶴舞公園のサッカーフィールド

プログラミングの勉強で、研修期間中にJavaとスプリング ブートで作成したWebアプリケーションをPythonとDjangoを利用して再作成することに挑戦しましたが、とても楽しかったです。

次回の社員紹介をお楽しみに!

【名古屋市研修】異文化コミュニケーション

今回、ダンデライオンズは名古屋市の「中小企業外国人材雇用支援事業」運営事務局よりご支援いただき、日本人社員向けの研修「異文化コミュニケーション」を受講させていただきました。

前回の「伝わる日本語」研修の様子はこちらから。

講師は関西大学国際部教授の池田様です。

今回も研修の内容の一部をご紹介させていただきます。

表層文化・深層文化について

文化的距離についてご説明をいただきました。

文化は「見えている」表層文化と「見えていない」深層文化に分類されます。

表層文化例:衣服、食べ物、建築等
深層文化例:価値観、常識、行動規範等

目に見えていない部分(深層部分)こそ重要視するべきとのことです。

個人の深層部分にある様々な思考を理解する上で、ワークショップが実施されました。2つの選択肢から自分が取る行動(思考)を直感的に答えるというものです。

例題)何か問題が生じたとき、どちらが自分の取りやすい行動でしょうか?
A.解決するには私は何にができるだろう
B.これを解決するために手伝ってくれる人は誰だろう

こちらは個人主義・集団主義どちらの思考に寄っているかを判定する質問でした。参加者の回答は割れており、深層の部分での多様性を改めて認識することができました。

その他、「時間に関する価値観」や「権威に関する捉え方・人間関係」等、深層文化の一部についてご紹介いただきました。

外国人社員から見た日本企業文化について

日本企業の文化といえる「上座・下座」(席次の規範)について、外国人の方から質問が来た場合に、どのように説明するかというワークショップがありました。

説明の一例)
「作業を一番しなくて良い場所、目上の方が一番快適に過ごせる場所」を尊重の証(思いやりの心)として提供している。

上記は一例ですが、大切なのは相手が腑に落ちる価値観(モノサシ)を探すことです。

文化を裏付ける深層の「行動」や「慣習」を分解して説明すること、また互いの価値観の異なりに耳を傾けることが重要となります。

異文化感受性発達モデルについて

アメリカのコミュニケーション学者であるミルトン・ベネット氏の「異文化感受性発達モデル」についてご紹介いただきました。

人の異文化に対する感受性の高まりを6段階で示したモデルとなります。

第1段階:違いの「否定」

第2段階:違いからの「防衛」

第3段階:違いの「最小化」

第4段階:違いの「受容」

第5段階:違いへの「適応」

第6段階:違いとの「統合」

最低限目指すレベルは「受容」、異文化間のゴールは「適応」レベルとのことです。

他者も自分も同様に1つのモノサシとし、他者のモノサシも自分のモノサシとして使えることが理想とのことですが、まだまだその段階に達するのは難しそうです。

研修を受講して

当研修は異文化理解を深めるとても良い機会となりました。

研修で学んだことを振り返り、出来るところから少しずつ行動を起こしていきたいと思います。

当研修のご支援をいただきありがとうございました。

名古屋市「中小企業外国人材雇用支援事業」運営事務局

社員紹介(8-3)

閲覧いただきありがとうございます。
今回の社員紹介記事を担当する第2ユニット所属の「TT」です。
今回が三回目の紹介となります(前回はこちら

現在の業務内容

前回の報告に引き続き、ローコード開発ツール「OutSystems」を用いたシステム開発に従事しております。
今回参画しているプロジェクトでは、以前本ブログにて紹介した「ReactiveWebApp」および「MobileApp」形式のアプリケーション開発を行っています。
モバイル端末で操作することを念頭に置いた設計が求められ、これまで行ってきたデスクトップ端末から操作するWebアプリケーションとの考え方の違いに苦労しつつも、豊富に用意されているテンプレートやUIパターンに助けられどうにか要求に応えるものが出来たと自負しております。

また、今回のプロジェクトでは要件定義フェーズより参画させていただくことができ、上流工程にてお客様の要件を整理する貴重な経験が得られるなど、実りの多い案件でありました。

近況報告

つい最近まで自宅ではノートパソコンを使っておりましたが、長年にわたる使用であちこちガタがきていました。
そこでつい先日、デスクトップ型パソコンを新しく購入することに。

開封前の状態。サイズ比較用のトランプと比べて結構な大きさですよね…
いざ開封!手前味噌ですが、中々かっこいいのではないでしょうか?

なお、これを購入した日の気温は35℃を超えていました。
交通手段が基本的に徒歩+公共交通機関な人間であったため、炎天下の中重たい段ボールを持ち帰る羽目になり、大層しんどい思いをしました…。
7月も半ばになり、蒸し暑い日が続いておりますので、皆様くれぐれも熱中症にはお気を付けください…。

今回の社員紹介は以上となります。
次の社員紹介もどうぞお楽しみに!

社員紹介(26)

初めまして、4月にダンデライオンズに入社した「じょーじ」です。チェコ出身です。

経歴

高校の頃は理系メインでしたが、大学の専攻は、日本語にしました。卒業後、修士課程に進学し、その一環として一年間東京に留学していました。その経験のおかげで将来的には日本に住み、働きたいと思うようになりました。

その後、日本の大学で研究生を経、文系の博士課程に入学しました。今年の3月を以て中退し、ダンデライオンズに入社しました。日本では「Uターン」が有名だと思いますが、私が「理ターン」をしました。

現在の活動

入社したばかりのため、研修中です。4月と5月は、ビジネスマナーなどのソフトスキル、ウェブデザインと、Javaを始めとしたさまざまなプログラミング言語の基本を学びました。

6月は、身につけたスキルを活かし、データベース管理用のウェブアプリケーションを作成しています。

趣味

主な趣味は、散歩とゲームですが、今回は散歩について紹介させていただきます。日本は合わせて6年目ですが、人口200人ぐらいの村で育ってきた私にとっては、今もなおとても斬新に見えています。

仕事帰り中、よく久屋大通公園を通り、街のありふれた風景を楽しんでいます。そして週末は、矢場町駅や栄駅付近をのんびりと散歩しています。地味に聞こえるかもしれませんが、綺麗な緑やおしゃれな喫茶店などの思わぬ発見が多くあります。

栄駅の近くにあるオアシス21というスペースです。地下にイベント会場やお店があります。
久屋大通公園の風景です。爽やかな緑とモダンなビルが立ち並ぶのは、とても「日本的」だと思います。

次回の社員紹介をお楽しみに!

社員紹介(15-3)

閲覧いただきありがとうございます。
3度目の社員紹介になります、「にっしー」です。
前回の記事はコチラです。

新型コロナウイルスに対する行動制限の無い今年のゴールデンウィークは、生まれ故郷の福井へ帰省しました。
人が密集している場所へは行っていませんが、帰省とはいえせっかくの久しぶりのお出かけでしたので、皆さんに福井の魅力を少し紹介させていただこうと思います。

大自然に囲まれた福井

福井と言えば海・海水浴、という意見をよく聞きますが、しっかり山や森林もあります。
ゴールデンウィーク中は晴天に恵まれ、外でのびのびと自然を感じることができました。場所によっては電波が届きませんので、情報の世界から離れリフレッシュしたい方には福井の山がオススメです。

山に囲まれた村

身体に染みる海の幸

もちろん海の幸も味わってきました。福井に帰省した際は必ず海鮮を食べるようにしています。
福井に住んでいた時は深く考えていませんでしたが、新鮮な魚介を美味しく食べられることは贅沢なことだなーと感じました。

海鮮丼

東尋坊

国の名勝・天然記念物に指定されている東尋坊は、実際に行ってみるととても迫力があります。海風も気持ちよく吹いており、こちらもまた自然を感じることのできるスポットです。東尋坊に向かう坂道には海鮮料理店や開放的でおしゃれなカフェもあるためか、老若男女問わず人気がある印象を受けました。

東尋坊

旅行する機会がありましたら、ぜひ旅行先の選択肢の中に福井も入れてください。


次の社員紹介もお楽しみに!

社員紹介(25)

初めまして。ブテラーです。チュニジア出身です。

経歴
日本で3年間システムエンジニアとして働き、
今年の2月から、ダンデライオンズに入社させていただきました。

私は日本で3年間、自動車業界でシステムエンジニアとして働いていました。
IoT、ECU組み込みプログラミング、クロスプラットフォームモバイルプログラミングなど、
さまざまなタイプのプロジェクトに触れました。
日本の車メーカー向けの大規模クラウドシステムの設計とプログラミングに部分的にも参加しました。

前職を退職後、技術力を高めるために一日中勉強し多くの新しいスキルを学ぶ時間を設けることができました。
その時は、特に、AIについて独自に勉強をして、C#でゲームエンジンを作成しました。

現在、メンバー構成が、インターナショナルにあふれ、
オープンな考え方を備えた「ダンデライオンズ」に就職でき、
このような素晴らしい組織の一員になれたことを嬉しく思います。

趣味
私の趣味は鳥の鑑賞、特にゴシキヒワとカナリアが大好きです。
ゴシキヒワとは、このような鳥です。

とても美しいゴシキヒワの写真です。

以上、「ブテラー」でした。次回の社員紹介もお楽しみに

社員紹介(24)

はじめまして、「ひらり」です。

経歴

文系の大学を卒業後、メインフレームのシステム開発に20年ほど従事しました。
プログラミング言語でいうと、COBOL(コボル)、JCL(ジョブコントロールランゲージ)の使用経験が長いです。クレジットカード発行会社のポイント管理システム、鉄鋼メーカーの各種基幹システム、自動車部品製造メーカーの部品表システム等を経験してきました。
オープン系システムについて独学し、2022年1月からダンデライオンズでお世話になることになりました。

プライベート

家族構成としては、三次元の妻、娘、息子、さらに雌猫と暮らしています。
雌猫はコロナ禍の巣篭もり生活のなかで家族に加わりました。

【くつろぐ猫】

トピックス

猫を完全室内飼いする場合、運動不足になりがちだそうです。また、猫は縦運動を好むということで、キャットタワーの導入を検討しました。
市販のものは爪研ぎ場所が付いていたり、高さが高すぎずに安全な作りである代わりに、拡張性が少ないと感じたため、自作に挑戦しました。
市販の突っ張り棒付き5段メタルラックを2セット使用し、足場や棚板を追加して、合計11段の螺旋階段型キャットタワーが出来ました。

【キャットタワー】

猫が予想以上のスピードでタワーを駆け上がるので、運動不足は解消出来ているのではないでしょうか。鉄製なので揺れますが、突っ張り棒のおかげで倒れる心配は無さそうです。
また、仔猫の頃は棚板を一段ずつ登っていましたが、今は三段くらいは飛び越えるので、棚板をもう少し減らしてよいかも知れません。
現在は、「足場にはどんな素材が良いのか」とか、「どんなおもちゃを追加しようか」と機能拡張を検討中です。キャットタワー更新プロジェクトは現在進行中です。

終わりに

システム開発については、既存のものを改修するプロジェクトが大半です。
ですが、業務を見直した結果、システムのリプレースが必要となるケースも出てくるでしょう。その際は、自前で作りすぎず、オープンなコミュニティで蓄積された知恵や既存のモジュールをなるべく活用し、拡張や変更がしやすいシステムの提案、構築が出来ればと思います。
以上、「ひらり」でした。次回の社員紹介もお楽しみに。

【おまけ】

社員紹介(23)

ご覧いただきありがとうございます。
はじめまして、この度社員紹介を務めます「xig」です。

肩書

新卒で前の会社に4年務め、
転職という形でダンデライオンズに入社しました。現在は第0ユニットに所属しています。

経歴

地元は静岡ですが、愛知の工業大学へ進学をきっかけに愛知県に引っ越しました。
家族や周りに機械(アプリケーション)に強い人がいなく、強い危機感を持ったのと、
自分もまた情報弱者だったので、
そんな人に近い目線で寄り添えるような人になりたいと思い、この業界に足を踏み込みました。

現在の業務

アプリ開発の基盤となるフレームワークの開発チームに在籍しています。
フレームワークを使っていただいているアプリ開発者様のご要望にお応えするべく、
不具合改修、機能改善対応などを仕様書作成からテストまで
一通り行っています。
勤務形態はテレワークがメインですが、
チームメンバー全員とても親身にしていただいているので、
とてもありがたいことなのですが、コミュニケーションには特に困ってないです。

自己PR

趣味は、ゲーム全般、食べ歩き、トレカ、お風呂、マイナー映画鑑賞等色々あるのですが、
最近は特撮が自分の中では熱いです。

特撮と言っても戦隊ヒーロー、ウルトラマン、仮面ライダー…etc
がありますが、
自分は特に仮面ライダーが大好きで、毎週日曜日の朝が楽しみだったりします。
そんな仮面ライダーですが、自分の高校生時代に放送されていて、
仮面ライダーを見始めるきっかけとなった、
「仮面ライダーオーズ」が、
今年3月に本編後の話が映画公開されます!
さらに合わせて「仮面ライダー展」がこれもまた今年3月に愛知県の金山で開催!
ということで、
今からドキドキわくわくなのです!
余談:去年末に公開された「ゴーカイジャー」や、
「ウルトラマンティガ」の後継作品など、最近の特撮界隈はあの時青春時代を送っていたヲタを全力でターゲットにしていますよねw

今回は以上になります。
次回の社員紹介もお楽しみにして頂けると幸いです!

新年のご挨拶&SDGsへの取組み

新年あけましておめでとうございます。

豊川稲荷

平素はご愛顧を賜わり、厚く御礼申し上げます。
本年も、更なるサービスの向上に努めて参りますので、より一層のご支援、お引立てを賜りますようお願い申し上げます。

昨年で第5期を迎え、ダンデライオンズも少しずつではありますが、一歩ずつコツコツと成長を遂げております。

社員も徐々に増えていき事業計画などを練りながら、とてもワクワクする楽しみな年になることを期待しております。

今回のテーマは「SDGs」です。

最近、よく耳にするフレーズですね。
このフレーズを耳にしたとき、何かの頭文字を取った何かしら小難しいことのような印象を受けていました。

ただ何となく周りの話している内容を耳にしていくうちに、SDGsの取り組みの一部は私の目指す未来へのプランにマッチしていると興味を持つようになりました。

とは言っても、雑談中で耳にしていただけなので、正直に初めは私も具体的な内容はよく分かりませんでした。そこで、外務省のサイトなどに書かれている内容を読みながら理解を深める事にしました。

SDGsとは?

SDGs 17の目標のアイコン

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは
2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)別ウィンドウで開くの後継として,2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された,2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。
17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。
SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

外務省

設立当初からの目標

このSDGs(持続可能な開発目標)の中で、ダンデライオンズの設立当初から取り組んでいる目標は、「目標5(ジェンダー)」「目標10(不平等)」です。

ここでは、それぞれの概要をご紹介させていただきます。

(ダンデライオンズでの取り組みについては、コーポレートサイトで紹介させていただきますので、少々お待ちくださいませ)

目標5(ジェンダー)

目標5(ジェンダー)

ジェンダーの平等を達成し、すべての女性と女児のエンパワーメントを図る

世界は「ミレニアム開発目標(MDGs)」(初等教育への男女平等のアクセスを含む)のもとで、ジェンダーの平等と女性のエンパワーメントを前進させましたが、女性と女児は依然として、世界各地で差別と暴力に苦しんでいます。

ジェンダーの平等は基本的人権であるだけでなく、平和かつ豊かで持続可能な世界に必要な基盤でもあります。”

国際連合広報センター

目標10(不平等)

目標10(不平等)

国内および国家間の不平等を是正する

国際社会は、人々の貧困脱出に向け、長足の進歩を遂げてきました。後発開発途上国、内陸開発途上国、小島嶼開発途上国など、最も脆弱な国々は引き続き、貧困の削減を進めています。

しかし、不平等は根強く残り、保健や教育サービス、その他の資産へのアクセスという点では、大きな格差がなくなっていません。

国際連合広報センター

目標5(ジェンダー)と目標10(不平等)をSDGsの目標として宣言します

できる事には限界がありますが、ジェンダーの平等を達成することや、国際社会での不平等を是正することは、ダンデライオンズの設立当初からの目標であります。

改めまして、第5期がスタートしたこのタイミングで「SDGs」の目標として宣言させていただきたく存じます。

最後になりますが

改めまして本年も精一杯取り組ませていただきますので、ご指導ご鞭撻をいただければ幸甚です。

皆様のご健康とご多幸をお祈りし、新年のご挨拶とさせていただきます。